応募先企業の事前調査3つのポイント【転職ノウハウ】

いきなり、本題ですが以下の3つとなります。

・業界動向&慣習

 

・企業動向(現在と未来の仮説)

 

・自分のメリット

 

まずは、Web検索や書籍を通じて業界動向を把握すること。
事業モデルによって、業界内に流れる時間軸が全く異なるため、自分の現年齢や性格に合うかどうかをしっかりと考えること。
また、成長性や今後の変化なども予測することで、中長期の自分の人生と合わせてイメージを繰り返していくことが大切です。

 

企業動向に関しては、関東圏や関西圏にお住まいの方であれば、国会図書館で日経テレコンを使用し、過去10年間の記事をプリントアウト。動向を把握するとともに企業の意思決定の特徴や価値観を把握することで、自分に合うかどうかを判断してみること。
あまり口コミサイトなどを参考にするのはおすすめしません。

 

業界分析・企業分析においては、まずは事実情報の収集のみに集中すべきです。

 

他者の価値観フィルターを通したものではなく、ゼロベースで1次情報と向き合ってみること。

 

そこで、自分の考えと向き合ってみることをおすすめします。

 

他者の受け売りの情報によるコミュニケーションは、言葉に重みがなく、不思議なことに採用選考の場ではインパクトのない評価結果になることが多いものです。

 

最終的には、自分自身の人生とキャリアに対するメリットに落とし込むこと。

 

内定が出やすい企業ではなく、まずは自分の人生に対するメリット軸で考えることをおすすめします。

 

いくつかの業界や企業を分析してみることで、これまで同じように見えてきた企業の違いが分かるようになります。
何より判断材料と向き合ってみて、初めて自分の価値観や求めているものが分かったりします。

 

求人票に載っていない業界や企業の過去と未来。
これらに触れることで、自分の感性と向き合っていただければ幸いです。
なぜ、私はこの企業を選ぶのか?
そこにしっかりとした意志が宿るはずです。

 

日々、精進です。

コメントを残す