事実と意見を分別して伝える【転職ノウハウ】

面接の場や仕事の現場では、

事実情報を的確にやり取りすることで判断をし、物事を進めていきます。

面接において、慣れない候補者様がやってしまいがちなのが、

意見を滔々と語ってしまう、、、

というものです。

確かに間違ったことは言っていないし、どちらかというと誰もが賛同できる全うな回答であったりします。

それでも、なぜか面接者に刺さらない、、、

それは、面接の場で具体的な事実を伝えていないがために起こります。

こう思う、こうしたい、こんな状態だった。。。

全て自分なりの解釈であり、意見です。

面接とは

短時間で評価しやすい材料を相手に伝える場です。

具体的数値に落し込めるもの、比較材料になるもの、量や質などを比較しやすく伝えられる表現、そういった事実情報の提供に徹することが大切です。

自己PRとして、コミュニケーション力、バランス力、調整力、瞬発力、開拓力、改善力、といった抽象的な表現も避けなければなりません。

キャリア採用では実績と経験を事実情報として的確に伝えること。

面接官に対するプレゼンテーション力が求められます。

事実と意見を分別して伝える。

実力があるのに面接で落ちてしまう、そのような方に是非ともチェックしていただきたいポイントです。

日々、精進です。

コメントを残す