一年53週の時間軸で対策を変えていく【キャリア成長戦略】

今日の六本木ヒルズはハロウィンパーティーを終えた華やかな仮装の方々があちこちにみられ、夜を彩られています。

今年も残りあと2ヶ月。

先日、アパレル事業会社のEC担当責任者様とお話した際に、アパレル及びEC事業を営む上で重要なことは何か?という質問に対する回答が色々な仕事に汎用性の高いものでした。

「結局、一年53週の変化に対応(改善)していくことです」

アパレルという商材の都合上、季節要因や商品の変化が常にあるため、53週の各局面で現状分析を行ない、対応策を打っていく。

一年53週の中で成果を最大限出していく、という時間感覚が重要とのことでした。

我々ビジネスパーソンは、今日はもういいいから明日頑張ろう!などと思ってしまうこともあります。人間ですから、当然ですよね。

でも事業というものは、年次決算での成績が問われます。

来週は、今週と同じではありません。

21週目と22週目はやるべきことが違うということです。

53週目に着地したいラインに対する現状も週によって全く違いますし、打つべき施策も違うということです。

来週も今週と同じく頑張ろう!

これではいけないということです。

来週は来週の現状と対策、デッドラインに対する最適な戦略を考え抜く。

キャリアも人生も同じだと思います。

今年の一年と来年の一年は違う。

この認識が大切ではないでしょうか。

日々、精進です。

コメントを残す