社外で通用するスキルを意識する【キャリア成長戦略】

社外で通用するスキル。

ビジネスのフィールドで汎用性の高いスキルを意識して身に着けることは、とても大切です。

但し、気をつけなければならないポイントがあります。

新卒入社で長く在籍している候補者様に多く見られる傾向が、

社内スキルを市場価値と勘違いしてしまうことです。

社内人脈や取引先との信頼関係などの構築そのものをアピールしても、転職先企業の評価は高まりません。
(人物面での好感度には影響はあるかと思いますが、仕事のスキルとは別です)

キャリア市場の転職では、転職先企業が考える期間内で期待成果を上回る実績を挙げることを求められます。
結果として、その可能性のある候補者が選考合格となります。

よって、アピールポイントは転職希望先企業が求めるものにしていかなければなりません。

「社外」とは、広く一般的なものではなく、「社外」=「転職希望先企業(または業界、職種)」ということです。

目的なく資格を取得しても、目指すキャリアへの最短ゴールにはなりません。

もちろん社内スキルも大切です。
今、仕事を進める上での勘所、人間関係で抑えるべきキーマンがいるはずです。

それをしっかりとこなした上で、社外で通用するスキルを意識して磨くこと。

目の前の仕事をひたすら頑張るのではなく、将来を見据えた上で経験を主体的にとっていくことが大切です。

チャンスは準備をしたものだけに見えます。

自分の未来に必要とされる実力やスキル、人格を常にイメージして目の前の仕事に邁進したいものです。

日々、精進です。

コメントを残す