転職後3ヶ月の重要なポイント【転職ノウハウ】

転職活動そのものも大切ですが、もっと大切なことがあります。

転職先でどのように活躍するか?

高い能力とスキルを持ちながら、入社後3ヶ月を上手く乗り切れずに転職を繰り返してしまう方も少なくありません。

人材を採用する企業側の視点で考えると見えてくる重要なポイントがあります。

人材を採用する企業としては、何らかの目的(役割)があっての人材採用であり、単に組織の体裁を整えるためという企業は少ないようです。
組織の人員構成を維持するための新卒採用とはあきらかに違います。
人材紹介会社に手数料を払ってでも採用したいポジションという点では、明確な役割がセットになっていると考えてよいでしょう。

そこで、転職決定後に是非とも考えておきたいポイントがあります。

・転職先で自分に求められる期待成果を明確にする

・成果創出に費やせる時間を把握する

・職務上、障壁となり得るものをイメージしておく

期待成果をしっかりと認識すること。

使える時間を把握すること。これは企業文化やビジネスモデルによっても様々なため、可能な限り面接プロセス内で確認しておくことが大切です。
(もちろん、内定後にも再度確認してもよいでしょう)
社内のミーティング等で指標としている「時間軸」を早期に掴んでおくことが大切です。
(月間?四半期?年間?など、物事の判断基準や成果指標時間軸を把握する)

組織のキーマンは誰なのか?
(必ずしも役職が高い方がリーダーではない。その組織の人間関係のマッピングを早期で把握し、意思決定プロセスを左右する中心人物を把握する)

組織の現状課題・問題は何か?
解決できる問題と解決できない問題とに分けて考えること。人間関係や組織文化等、個人のアクションで解決できない点については中途入社の立場で触れることは避ける。

転職後3ヶ月前後の立ち回り方は、転職先でうまくやっていくために非常に大切です。

できれば、小さくても良いので早い段階で成果を創出することが大切であり、組織摩擦を生む要素からはなるべく離れ、新しい組織を動かす力学に対して深く観察することをおすすめします。
仕事の成果だけでなく、人間関係においても上手くポジションをとる意識が必要です。

多くの人間が所属する組織には、力学があります。
そこを軽視せずに、活用していかなければなりません。
決定的な地雷(?!)を避け、スムーズに自分のポジションをとること。

したたかな計画が必要です。
役職やミッションが高ければ高くなる程、この点が重要になってきます。

転職後3ヶ月で重要なポイント。
意識し、準備するだけで効果があります。

準備こそが人生を切り開きます。

日々、精進です。

コメントを残す