自分の仕事に絶対評価基準を持つ【キャリア成長戦略】

自分の仕事に絶対評価基準を持つ。

他人と比較して優位性を持つのではなく、

自分が納得の行く仕事の絶対評価基準。

これ以上の品質でなければ絶対に認めることのできない基準。

絶対に納得のいかない基準。

絶対評価基準

業界で一流と呼ばれるビジネスパーソンは、絶対評価基準に対して強いプライドを持って日々仕事に向き合っています。

自分の立場や肩書にプライドを持つのではなく、自分が生み出すアウトプットに対する飽くなきこだわりの追求

日々、自分の絶対基準との戦い。

自己研鑽なしには決して基準を上げ続けることはできません。

プロフェッショナルは自分の仕事に厳しい絶対評価基準を課しています

最初は緩やかな基準でもよい。

少しずつ自己成長と共に基準を上げ続ける意識が大切です。

日々、精進。

コメントを残す