キャリアには戦略が必要です【キャリア成長戦略】

キャリア相談の際、必ずその人に相応しいキャリア上の戦略立案をご提案する理由。

なぜ、計画ではなく戦略なのか?

もちろん計画も大切です。

但し、順番として戦略があっての計画です。

では、戦略とは何か?

戦略とは全体像を見ることです。

全体を見据えた上で、行きたい場所への行動計画を立てる

計画のためには戦略が必要ということです。

人生を俯瞰し、全体で自分らしい豊かな価値を作っていく意識が大切です。

現時点で熱中している目標も、人生全体にとっての位置付けを把握してみる。

取れる選択肢の幅を広げておく。

人生に起こりえる様々な外部要因に対処する方法を考えておく。

全体として自分らしい人生の最適化を実現するために、大きく捉え、考えてみることが大切です。

目の前の仕事に忙殺されるのではなく、時間を確保し、広い視点で物事を考えてみる習慣を持ちたいものです。

外部環境に反応し続けるだけの計画性のない人生でいいのか?

自ら全体像を把握し、行動計画を立てて主体的に生きるのか?

日本のビジネスパーソンが、海外のビジネスパーソンと比較すると弱い部分が、人生やキャリアにおける戦略的視点です。
会社で課せられた仕事に対しては、忠実に行動計画や報告を行なうのですが、誰にも強制されない自身の具体的な生き方の戦略と計画に関し、常にアップデートして外部環境に応じて調整している日本人ビジネスパーソンはほんとうに少ないです。

社会全体の流れに沿って生きていくことがベストプラクティスだった工業化時代は終わっています。

情報過多の時代だからこそ、自分自身の指針を持つことが大切であり、そのために戦略的視点から人生の全体像を常に考えて生きることが大切です。

迷った時、辛い時、方向が見えない時。

全体像を俯瞰するために、視座を上げてみてはいかがでしょうか。

他人の計画の中だけで生きていないでしょうか?

日々、精進です。

コメントを残す