好きなことを仕事にすべきか?【キャリア成長戦略】

好きなことを仕事にすべきか?

良く挙がるキャリア上のテーマであり、社会人経験の少ないビジネスパーソンから問われる内容でもあります。

ヘッドハンターの立場から回答すると、

分からない。
自分で決断すべき。
但し、この質問自体には幸せになる答えはない。

としか言いようがありません。。。申し訳ございません。。。

ただし、仕事に関わらず、あらゆる物事で成果を挙げ続けている方々は、

確実に仕事を楽しんでいる、と言えます。
苦しいように見えたとしても、実際は挑戦を楽しんでいる方が殆どです。

確かに就職や転職は、人柄や経験・スキルで通過できます。
ただ、その道で成長し続けるためには一定の仕事に対して労力を投資し続けることが必須であり、一部の天才を除き、創意工夫や継続を必要とされます。

好きになるかどうかは、やってみないと分からないケースもありますし、生まれながらに大好きなものと出会っている方もいます。
仕事の選択は人それぞれであり、決してマニュアル化された考え方を鵜呑みにせず、自分と向き合って行くしかないのだと思います。

世の中には、本当に自己そのものといえる仕事に出会えている方は、やはり少ないようです。
それでも、探し続けることは諦めるべきではないと思います。
見えない道は、とても苦しくストレスが大きいかと思いますが、人として成長し人格を形成していくためには、目の前の仕事と真摯に向き合ってみることでしか最適な答えはないようです。
そして、答えを出す事そのものには全く意味のない問いでもあります。

仕事とは自分にとって何なのか?

自分にとっての「働く」ことの意義を問い続けることを継続していくしかありません。

日々、精進です。

コメントを残す