キャリア成長戦略

キャリアの複線を常に考える【キャリア成長戦略】

キャリアの複線を常に考えておく。

これは、理解は簡単ですが行動は難しいものです。

それでも、現在の延長を一つの選択肢として、別の枝分かれを常に考えておく。
最低でも2つ、可能であれば3つ以上のキャリアの選択肢に関して、常にイマジネーションを発揮し、あれこれと考えておくことが大切です。

選択肢のカードを2、3枚保有しつつ、その時々に最適なカードを出すようなイメージです。

これは、人生における戦略的自由度を計画的に高めるということです。

環境変化の早い現代において、組織の成長・劣化は個人の状況を上回る速度で展開します。

今のキャリア以外の選択肢を考え続けることが最大のリスクヘッジになります。

そうなると何が起こるか。

日々ダラダラと過ごす時間が減ることに繋がります。

消費や浪費をしていた時間が、投資時間に変わってきます。

数年後に訪れるかもしれない選択の場で有利になるようなスキルアップや経験、勉強といった自己投資計画を立て、着実に行動することが必須となります。

但し、自己投資はあくまでも手段であり、これを目標にすることは本末転倒になってしまうため注意が必要です。何を目的に自己投資をしていくのか、限りある時間の中で有効資源(時間、労力)を配分する意識が大切です。

また、環境変化に合わせて、複線そのものをキッパリと捨てることも大切です。

取れる選択肢の中で最良のものを常にアップデートする。

未来の選択肢の実現可能性を高めるため、時間やお金を自己投資する。

自分に対する複数の可能性に対して、持っている自己資源を投資配分していく考え方が大切です。但し、投資そのものを目的にすることなく、一つの手段と割り切ること。

キャリアの複線を常に考える。

一つの行動指針にしていただけますと幸いです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。