【職業選択】転職でこそ真剣に向き合うべきこと

どんな仕事を選ぶべきか?

それが学べる環境はあまり多くありませんし、答えがどこかにある訳でもなく、実際に仕事に携わってみないと分からないことも多くあります。

自分に合った仕事を選ぶ。

単純なことですが、とても複雑で難しい選択でもあります。
しかしながら、職業選択は人生を幸せに生きる重要な要素でもあります。

まずは自分の関心領域を考えてみること。

仕事の構造上(貢献価値や業務内容)、ワクワクできるもの、好きな分野を考えてみる。

そして、自分ができる仕事を選ぶ。

仕事が好きで心身ともに打込める仕事であれば、どのような領域であれ習熟することが可能です。

少しずつでも成果や成長のステップを踏むことで、仕事が好きになっていきます。
好きな仕事であっても、不得意分野である場合、多くは苦痛となり心身ともに打込める状態とは程遠いものとなってしまいます。

関心領域(好きなこと)と得意分野(できること)の軸で、様々な職種を捉えてみることで、自分と向き合うことが大切です。

新卒で入社した会社、配属された先での仕事の多くは、与えられた環境です。
転職活動では、職業選択は全て自己責任です。
転職でこそ職業選択に対する考えを深め、徹底して自己と向き合うことが重要です。

こういった人生の節目で自分と対峙することで、自己理解が深まり人生の選択の質が向上していくのではないでしょうか。

転職を通じた自己成長に向き合っていただけますと幸いです。

コメントを残す