自分が最も成長できる企業成長ステージを考える【キャリア成長戦略】

業界や企業、職種という側面の他にも、各企業のおかれている成長ステージの側面から転職先を考えることも大切です。

自分の性格、価値観、これまでの経験によって、しっくりくる成長ステージがあるものです。

最も大きい影響は、業務オペレーションや意思決定時の習慣が成長ステージ毎に違うという点です。
転職先を複数検討される場合には、企業の成長ステージを理解し、社内のスピード感や求められる立ち回り方などをイメージしておくことで、違和感やミスマッチを防ぐことが可能です。

自分が心地良いと思える価値観、スピード感を冷静に認識し、転職検討先の成長ステージと合わせていく事が大切です。

「自分が最も成長できる、企業の成長ステージはどこか?」

視点を変えて見つめてくることで、選択と決断の質が向上されるかと存じます。

コメントを残す