比較することを具体的にする

転職とは現職と転職先との比較により、自分のキャリアや人生に発展をもたらす変革行動です。

 

個々の事情により、転職に求める要素は違うことは確かですが、環境を変えることによる仕事や生活の改善に繋げるという目的は共通要素かと存じます。

 

但し、人生の重要な選択の場であるにも関わらず、感覚的に決断してしまう方は非常に多いようです。

 

どのように対処していけば良いのでしょうか。

 

 

自分が転職に求める要素を具体的にし、転職先で得られるメリット・デメリット、リスクをしっかりと明確に捉えて、合理的な判断に基づき選択することで現実的な転職が実現します。

 

重要な選択の場面では、人は感情的になりがちです。

 

最も合理的な情報整理が必要な場面であるにも関わらず、不条理な人間としての感情判断に身を委ねてしまうことが多いものです。

 

「私は転職によって何を得たいのか?何を改善したいのか?何が目的なのか?」

 

「この選択は自分の目的を満たせるのか?」

 

「そもそも、何と何を比較しているのか?」

 

この選択をすることによるメリット・デメリット、そもそもの目的。

 

複数の選択肢で迷われているのであれば、それを紙に書き出すなど、オーソドックスな手法を愚直にされている方が多いようです。

 

しっかりと自分に向き合っていただけますと幸いです。

 

日々、精進。

コメントを残す