採用選考上の決定打となる情報を掴む【転職ノウハウ】

「この方は入社後に活躍できるかどうか?」

当たり前ですが、この意味を真に理解して自己アピールを行なっている候補者様が少ないのが現状です。

多くの方は、採用選考に落ちないことを目的にした準備やアピールに偏重しているようです。勿論、そういった採用選考上マイナスになる点をカバーする準備や説明を考えておくことも大切な要素の一つではあります。

但し、リカバリー的な準備では相対比較となる他候補者から抜きん出ることは難しくなります。

「企業はなぜ、このポジションを採用するのか?」

「組織にどのような問題が存在するのか?」

「求人票に掲載されていない役割は何なのか?」

採用選考上の面接過程において、真に求められる決定的な要素を聞き出す事が大切です。

キャリア転職市場では、求人票に掲載されていない情報が採用を左右する決定的な情報でるケースが多々あります。

そんなポイントが採用の決定打だったのですか?という企業が実は多いです。

決定的な情報をどうやって引き出すか?

どんな質問をすればいいのか?

面接過程において、応募候補者自身でポイントを見極めて行くことが大切です。

採用企業側が人材を求める理由をイメージして、入社後必要とされる動きやアウトプット、定積的な役割等に対する仮設を立て、面接過程において情報を固めてアピールしていく。

面接を受けるという受け身の姿勢ではなく、面接前に仮設を立てて戦略的に採用選考に臨むことが求められます。

日々、精進。

コメントを残す