転職理由【面接対策】

「どうして転職をしようと思われたのですか?」

多くの面接で聞かれる質問の一つです。

採用企業側の採用事情や面接官の性格によって、この質問の意図は様々です。

重要なことは、100%正直に答えてはいけないということです。

但し、これは嘘をつけということでもなければ、話を作れということでもありません。

質問の裏にある意図をしっかりと捉えて、ビジネス視点で相手が確認したい点を正確に簡潔に答えることが大切です。

面接官の心理や意図としては、下記のようなものが挙げられます。

「とりあえず、意味はないんだけど面接の流れだから聞いておくかな?」
「うちの会社は退職者が多くって、殆どが給与や残業の多さを理由にしているから、この候補者はうちの会社の環境に合うのか確認しておこう?」
「他者責任や外部環境のせいにしたり、前の会社からも逃げの転職をされてきたのかな?」
「この候補者は転職回数も多く、在籍期間が短いのは何でなんだろう?」
「今回の転職活動で望んでいることって何なのかな?」

相手目線で徹底的に考えることが重要です。
または、転職コンサルタントなどに相談してもいいでしょう。
自分の経歴の第一印象はどう見られるのか。

客観的な自己評価を把握することで、面接の前から採用企業側が自分をどのように見ているのかがイメージしやすくなります。

転職理由がマイナスならどうすればいいのでしょうか?
できれば転職を考えたキッカケが現職への不満という場合。
自分は一旦何を目指しているのか?
仕事にどんなこだわりがあり、それが現職で実現できないと思った点は何なんだろうか?
を突き詰めて考えてみることです。

また、面接時の伝え方には、

感情&合理性のバランスを意識されると良いかも知れません。

マイナスの情報を相手に伝える場合には、伝達する際にあまり感情を乗せずに極めて合理的(論理的)に簡潔に伝える方が絶対に良い印象となります。

逆にプラスの情報やプラスの思いなどを伝える場合には、言葉に静かな感情を乗せることを意識されると良いと思います。
面接官も無意識ですが、その感情の温度を確認したいと必ず思っているからです。

転職理由。

・相手が転職理由を聞く意図をその場で判断する
・あらかじめ自分の経歴に抱く、面接官の評価をイメージして臨む
・伝え方=感情&合理性のバランスを意識する

転職理由というのは、応募先企業への志望理由の接続詞になる大切な内容です。
面接当日の行き当たりばったりではなく、しっかりと自分と向き合って魅力ある端的な理由を準備されることをおすすめ致します。

日々、精進ですね。

コメントを残す