目標ではなく成長テーマに注力する 【一流の働き方】

高い目標を掲げる方々に共通しているのは、

目標達成の過程において、自分の成長テーマも持っている

という事です。

掲げた高い目標を達成するに相応しい自分をイメージする。

その通りになるには何が必要かをとことん考え尽くす

そして明確な成長テーマを2、3掲げる。

それは量で測れない人格のようなケースもあるようです。

高い目標を強く意識しながらも、

そのために私はどうあるべきか?

という理想的な存在に焦点をあてること。

目標は結果でしかありません。
その時の期限によって結果がでるだけ。

でも、存在や心構え、立ち振る舞いは状態であり、自分がコントロールできることです。

ハイパフォーマーのビジネスパーソンは、この焦点のあて方のコントロールが上手いように思います。

中長期の達成目標を強く意識しながらも、今の自分の状態に注力する

そのためには、目標達成のシュミレーションを何度も何度もしなければなりません。

どんな人物なら、その目標が達成できるのか?

自分がどう変われば、その目標に一歩近づくのか?

試行錯誤の毎日になります。

逃げない姿勢。

それによって、悩み苦しむことも多くなります。

それでも自分がコントロールできる姿勢や心構え、立ち振る舞いに注力する。

目標達成に向かう道。それは孤独だけれども、静かに自分と対峙する大切な道。成長するために必ず通る道。苦しいけれども生きている実感のある時間。失敗しても、ダメな自分に出会っても全ては成長過程。

単調だった日々に、躍動感が生まれる日々。

目標ではなく成長テーマに注力する一日。

日々、精進ですね。

コメントを残す