ハイクラス求人は信頼できるコンサルタントへ

ハイクラス求人とは?

採用した人材が生み出す利益が大きいポジションです。

業績関与度の高い人材採用ともいいます。

必ずしも役職の高い経営層や社長ポジションを示す訳ではございません。

むしろ最近の傾向としては、単なるオペレーションの管理職よりも実務リーダーや損益責任を生む事業責任者への採用期待が非常に高まっています。
業界によっては特殊な若手技術者こそが、社内でもっと多くの利益を生み出す重要な人材である事も散見されます。

こういった人材採用に関しては、採用プロセスで参加する上級管理職や現場責任者などの面接者からの期待も高く、採用窓口である人事担当者の責任も重くなります。

また、ベンチャー企業であれば社長やオーナー自ら採用を指揮されるケースも多く、採用要件が曖昧なままで人事担当者へ指揮命令が下りてくるケースもございます。
(「面白い奴を取れ!」や「新しい風を吹き込める奴を取れ!」など、、、)

結論として、こういった社内で重要視される採用に関しては、機密性、難易度、労力削減の3つの要素から、外部のプロの人材紹介コンサンルタントへ依頼することが最も効果的、そして効率的です。

最近はハイクラス求人に特化したWEBサイトなどもあり、こういったWEBサービスの活用と並行することが重要となります。

ポイントは、以下の通りです。

・業界に精通したコンサルタント
・日々、業界人脈を構築しているコンサルタント
(あまりに社内の事務作業が多過ぎるコンサルタントは、業界情報のキャッチアップが遅れ、データベースにいる人材しか紹介できないため成果が劣る傾向あり)
・採用プロジェクトに対して一緒にゴールを目指せるマインドを持つコンサルタント
・競合他社での実績があるコンサルタント
・採用担当者とのコミュニケーションが合うコンサルタント(違和感がないこと)
・候補者に好かれそうだな、と感じる人間性を持つコンサルタント
・あまりに担当者が多く変わる人材紹介会社は避ける

採用企業にとっては、自社の重要なポジションを優秀な人材へ伝える伝達係であると共に、広報的な役割も担っています。
企業側が考える以上に転職市場への企業イメージを左右しています。

ハイクラス求人は信頼できるコンサルタントへ依頼することが、最も価値の高い採用手法となります。
状況に応じて採用手法やツールを変えていくことで、長く外部の採用アウトソース会社とお付き合いを重ねる。
それが、自社のファンを多く生み出し、中長期に優秀な人材が集まる優良企業に育つ重要な要素となります。

自社の社員を採用することと同じくらいに、人材紹介会社のコンサルタントを厳選することをおすすめいたします。

コメントを残す