アウトプットするための情報活用法

情報が氾濫する時代。

惰性で情報と向き合うのではなく、自分の仕事のアウトプットに繋がる情報との付き合い方を具体的にイメージする事が大切です。

情報とは主に下記の3つに区分されます。

意思決定のため
意思決定のための事実情報が大切なのに、仮定や希望観測的な情報を土台に話し合いを行なっていはいないでしょうか?

アイディアのもとにするため
発想を展開する対話なのに、数値に基づく事実情報を持ち込み過ぎていないでしょうか?

コミュニケーション手段
会話を発展させるための情報。恋人や知人、家族との会話等。
仕事のミーティングのように会話してしまってはいないでしょうか?

また、自分の立ち位置によってアウトプットとして必要な情報が違ってきます。

意思決定者?実務担当者?

当事者?部外者?

そして、自分が組織の中で期待されている役割によって必要な情報が違ってきます。

期待されているアウトプットは何か?

どこで勝負すべきか?

全てに言える事は、自分の仕事で求められるアウトプットは何なのか?という点を強く意識し、それに必要な情報にフォーカスして向き合う事です。
現実的には、世の中の殆どの情報が、仕事のアウトプットには直結しません。

成果を挙げるハイパフォーマーは、成果に直結する決定的な情報だけに意識を研ぎ澄まし、最短でアウトプットに繋げる狙いを持っています。

アウトプットするための情報活用。

日々、精進ですね。

コメントを残す