未来の働き方を真剣に考える 【一流の働き方】

文化、社会、産業、企業の環境変化によって、個々人の働き方も多様化しており、画一化したキャリア設計が難しい時代です。

これは、情報流通インフラの拡大・整備によるところが大きく影響しています。

これからは個人の計画的・戦略的な能力向上なしにはビジネスで成長が難しい時代です。
この傾向は益々発展拡大にあることは確実です。

自分が望むキャリアを真剣に考え、能力向上の計画を立て、日々着実に成長していくという能動的な働き方が本当に重要な時代です。
会社で与えられた受動的な仕事に限らず、広く自分の所属する業界の将来を捉え、積極的にキャリアのロールモデル(あんな人になりたいという目標)を探し指針を持つことで、惰性的な暮らしに自ら規律を保つことが大切です。
今回は、働き方の未来を捉えておくために参考になる著書をご紹介させていただきます。
新しい働き方が提唱される裏に流れている、社会インフラの変化や仕事という概念の捉え方、稼ぐ手段から価値創出へのマインドセット等、自身のキャリア形成の計画にも役立つ内容です。

未来を予測し、自分に必要な能力向上の計画を立てて実行する。
そのための未来予測の指標を持つキッカケとして、是非とも知っておきたい動向です。

アグリゲーター 知られざる職種 5年後に主役になる働き方/日経BP社
¥1,680
Amazon.co.jp

コメントを残す