未来に対する自分なりの仮設を持つ 一流の働き方

未来に対する自分なりの仮設を持つ。

3年後、5年後、10年後の世の中はどうなっているのか?

自分の仕事上のチャンスはどこにあるのか?

未来を見据えて、今からやっておくべき事はなにか?

未来のチャンスに対し、具体的なアクションプランを立てる。

視座を上げる事で、自分なりの中長期目標、短期のアクションプランを持つ事が、日々の目の前の仕事に対する飽くなきモチベーションを生み出します。

自分が感じる未来の姿はどのようなものでしょうか?

ワクワクする未来に向けて、日々の成長を歩んでいきましょう。

コメントを残す