「優秀さ」から「作品作り」へのキャリア市場の考え方ーキャリア成長戦略ー

「優秀さ」から「作品作り」へ。

新卒入社の社会人としては、所属組織内で評価を受ける事に一定期間邁進します。

但し、それを20代後半から30代になっても行なっていると、キャリア市場の評価は上がりません。

組織内評価を早々にクリアされた方は、外部の競合他社、又は他業界でも通用するビジネスパーソンを目指す必要が出てきます。

そのポイントが、作品です。

作品とは、市場から求められるアウトプットを生み出す力、そしてアウトプットそのものです。
職種により様々ではありますが、自身の仕事をこなすだけではなく、何らかのメディアを通じた情報発信や人脈交流、新規事業創出、など広く社会を見渡した上で必要とされる何かを生み出す事です。

会社の仕事を上手くこなすステージ(優秀さ)から、自分の頭で「社会に必要な何か」を考え具現化する力を発揮するステージへ。

会社員で終わるのか、プロフェッショナル領域で生きるかの節目のラインが、20代後半からのキャリアに対する考え方次第かも知れません。

お困りの際はお気軽にご相談下さい。

コメントを残す