日本の雇用マーケットの長期展望ーキャリア成長戦略ー

雑誌やWeb等で雇用の危機などの特集が組まれる事も多い季節ですね。

現状としては、
・日本の雇用は先進諸国においては、際立って高いパフォーマンスである
・日本の失業率は、4.3%と世界平均と比べても際立って低い
・若年失業率も先進国平均の半分以下
・正社員数も1980年代と比較しても変わっていない

直面する2つの課題

・付加価値競争時代の労働市場になる
・少子高齢化(労働力人口の構造変化)

今、20代~40代の現役ビジネスパーソンは、80歳まで働く事を想定したキャリア成長機会を創出していかなければならない。
そして、40歳以降の賃金上昇を見込まない生活設計を持って、人生を豊かにしていく計画が必要となるのではないでしょうか。

時代に応じて、成長分野は変化していきます。
常に外の情報と接点を保つためにも、定期的にヘッドハンターとお会いして、定点観測を怠らないようにしていただけますと幸いです。

コメントを残す