OSそのものを変えて行く考え方ーキャリア成長戦略ー

あるエグゼクティブとお話した際、

「◯◯さんのキャリアアップはどのような考えて行動されてきたのですか?」

「私は、パフォーマンスを生み出すものを、パソコンで言うOSアプリケーションに分けて考えています。アプリケーションは、環境に応じて短期で身に付け対応していくもの。OSは、自分のパフォーマンスの基盤というか、限界を決めるもので、建築で言うと基礎や土台のようなものです。私は、どちらかというとOSを取り替えるという意識で、英語をマスターし、MBAを取得し、資格を取得したり、海外駐在を経験したりという流れを自ら取捨選択してきました。多くの方は、小手先のアプリケーションを身に着ける事をキャリアアップと考えているようですが、私にとってはOSの変革や性能アップを中心に考えております」

アプリケーションとOSという視点。

短期成果と中長期成果、土台や基礎を作るという考え方。

取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す