転職理由は大義名分まで昇華させる

最近は採用企業側の候補者に対する要求レベルも上がってきてきており、特に候補者に意欲的側面や目的意識などのマインド面を強く求める傾向が顕著です。
事業環境が厳しいためか、前任者退職理由への警戒か、色々な事情が企業によってあるようですが、選考に挑む側の立場としては、限られた情報の中で求められる「人物的側面」をイメージし、好まれる自分を多少は演出する必要があります。

特に、転職理由と応募理由をうまく繋ぎ合わせて、将来の目標までの物語を魅力的、且つ真実味のある言葉で伝えていかなければ、今の転職市場で人物的側面で評価される事は難しい状況です。
実績と経験は申し分ない候補者が、軒並み面接を通らない傾向が顕著であり、やはり準備の大切さは普遍的といえます。

転職理由を自身のキャリア上の大義名分にまで昇華させる事ができれば、それを相手に伝える過程で、熱意や目的意識や積極性などの企業が好む人物的側面は必ず伝わります。

仕事で成し得たい大義名分は何でしょうか?
じっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す