長期休暇【ヤフー 最長1年の休暇導入へ】ーキャリア成長戦略ー

ヤフー 最長一年の休暇導入へ
ーーー記事内容ーーーー

ヤフーは今年度中に、勤続年数が長い社員を対象に最長1年間の休暇を取得できる制度を導入する。休暇中は無給となるが、長期旅行に充てるなど過ごし方は自由という。日常とは異なる新たな刺激に触れることを通じて発想力を高めるなど、社員のその後の仕事に生かしてもらう。

 対象となる社員の条件など制度の詳細は現在検討中。休暇期間は半年間から1年程度を想定している。社員にとって魅力的な労働環境をつくって人材確保につなげるのが狙いだが、「休暇の終了後に退社して起業してもよい」(宮坂学社長)としている。
ーーーーーーーー

働き方の多様化、優秀な社員に注目してもらえる魅力的な規程の導入。

ベンチャー企業は、他業界に比べて様々な努力を行ないつつ、優秀な社員に注目していただける環境に創意工夫を行なっているようです。

ただ、記事の採用1年の休暇というものは、少し疑問に思われます。

本来は、充実した職業生活を過ごしつつも、余暇を楽しみ、その中で自身の感性を磨き、仕事に還元してく。
こんな働き方が理想なのではないでしょうか。

働く事を一定期間辞めないと得られない「発想力」というものは、少し疑問に思われます。

「休暇」という表現やニュアンスが伝えるものがいけないのかも知れません。

「成長投資時間」といった、前向きに成長を望むプロフェッショナルの琴線に触れる表現をお薦め致します。

コメントを残す