パラレルキャリア時代に適応できるか?

パラレルキャリアとは?

ピーター・ドラッカーの著書によると、歴史上はじめて人間の方が組織よりも長命になったために、人は組織のみに頼らず、それとは別に第2の人生を始める必要が生じたという。その第2の人生のひとつがパラレルキャリアである。
近年のパラレルキャリアの論調は、軸足はあくまで本業の会社におき、社外活動であっても何らかの形で本業に結びつけることを意識し、社外との関わりを作ることを指す場合が多い。この点が、本業と全く関係ない仕事を時間外に行う副業と異なる点だ。パラレルキャリアを推奨することで、企業は従業員の教育コストと時間を省いて従業員に新たなスキルを習得させることが可能になる。
Webメディアを中心にパラレルキャリアに言及する記事を掲載するケースも出てきており、徐々にパラレルキャリアという考え方に再度スポットがあたってきている。

ポイントは以下です。

  • 副業とは異なる
  • 「本業」あっての+@の活動
  • 「本業」との関わりを意識した活動
  • 雇用者側としては、従業員の成長促進となる
  • 労働者側としては、自己成長の機会となる

「副業」と混同されるケースも多いのですが、パラレルキャリアは収入の複線化を第一の目的とするものではなく、あくまでも生き方や働き方の多様化による選択肢の増加、寿命の延び、ビジネス市場の技術革新の外部環境の変化に対応するためのものです。

所属する会社の教育だけでは、ビジネス市場での生き残りは難しく、社外で経験を並行して積むことで、自己の市場価値を時代に適応しなければならないという側面もあります。

一律のビジネススキルを向上する時代は終わりを告げています。

自分にとって最適なスキルや経験を見極め、選別していくこと。

キャリアの成長戦略こそが重要になってきたということではないでそふか。

英語、IT、会計、マーケティングといった世間一般の他者と同一のスキルを身に着ける時代が終わりを告げているということです。

パラレルキャリアの時代は、基本的なビジネススキルを早期に身に着け、+@の独自のオリジナルスキルが求められます。

それは「好きなこと」かもしれないし、「得意なこと」かもしれません。

他人に解を求めることはできず、「自分は職業人として、これで勝負していく」という分野を見極めていかなければなりません。

自己の成長戦略を「考える」機会が必要、ということです。

私達はパラレルキャリアが求められる時代の背景にある本質を理解し、「自己の最適化」に向き合っていくべきではないでしょうか。

他者の意見を鵜呑みにするだけの真面目な「解のある時代」は終わりました。キャリアの世界では、「自分らしさ」を探求し、考えながら行動する「冒険心」が求められる時代です。

「何が自分にとって最適なのか?」

この問いに日々正面からぶつかっていくべきではないでしょうか。

コメントを残す