自分のキャリアに仮説を立てるーキャリア成長戦略ー

キャリアに仮説を立てる(持つ)

これは、単なる妄想ではなく、これまでの経験や自分自身というものを踏まえた上で、先に結果をイメージする事です。

3年後、5年後、10年後の自分の姿をイメージしてみる。

何度も、何度も、何度も、事ある毎にイメージを繰り返してはもみ消し、修正し、何度も何度もイメージを繰り返す。

このような自己内省の繰り返しによって、自分を対峙する事でキャリアに仮説を持って日々、努力を積み重ねる事が大切です。

試行錯誤の量だけ、自分自身の軸がしっかりとしてきます。

環境変化に適応し得る、柔軟なキャリアをイメージする事ができます。

海外旅行に行く際、渡航地や目的、得られる価値を考えずに向かう事はできません。

キャリアは海外旅行以下でしょうか。

働く事は、人生で大切な目的の一つです。

壮大な自分だけのドラマの脚本を何度も、何度も、何度も、繰り返し考え、書き換えて行く事が、理想に近づく第一歩となります。

自分のキャリアにしっかりとした仮説を持って、試行錯誤を積み重ねて行きましょう。

コメントを残す