成長が命題のベンチャー企業でのキャリアデザインーキャリア成長戦略ー

ネットベンチャーへの就職、転職、プロフェッショナルのキャリアの軸を決めた際に、認識しておくべきこと。

・成長が命題である
・EXIT(出口戦略:経営のゴール)がある(IPOやM&Aによる事業売却)

事業を立ち上げたファウンダーであれば当たり前の認識が、雇用者として活躍するビジネスパーソンには、あまり認識されていないように思われます。

成長が命題であるという事は、毎年毎年成長し続けるためのパワーが必要とされる環境であり、ワークライフバランスなどは死語同然です。
また、EXITがあるという点においては、事業の社会的意義もさることながら、大手企業のような社会的認知のある事業経営の最大のテーマである「継続」(GOING CONCERN)が、ベンチャーにとっては当たり前ではない現実があります。

個人のプロフェッショナルとしてのキャリアと所属する企業のEXITが必ずしも一致しないという現実を傍らに置きながら、今ある環境で次のステップのための経験・実績を強かに得て行く「成長戦略」が必要となります。

ご自身の人生という経営にEXIT戦略はありますか?

何を目指すのでしょうか?

メディアによる情報氾濫の時代、自身の軸をしっかり持って客観的に成長戦略を考えてみる事が大切です。

コメントを残す