その転職先はあなたが「活躍できる場」ですか?

転職先に求めるものは、大まかに以下の点ではないでしょうか。

◆希望する仕事にチャレンジできる

◆経験の幅が広がる

◆企業文化

◆労働環境の改善

◆収入面の改善

要するに

転職先=問題解決

ということになるかと思います(もし、そうでないなら一旦冷静に自分の決断を見直す必要があるかもしれません)。

ただ、キャリアの成長戦略を考える上で大切なことは、決断した転職先が自分にとって「活躍できる場」かどうか、ということではないでしょうか。

特にマネジメント職以上のポストでは非常に重要になります。

ある程度のマネジメントポストであれば、会社のパフォーマンス=自分の実力(市場価値)と連動して評価されるためです。

活躍できる場かどうかを見極めるためには、転職先の企業が直面している状況を把握することが重要です。

イケイケの成長フェーズなのか?問題を抱えた再生フェーズなのか?ゼロベースの立上げなのか?安定化を図る円滑運営フェーズなのか?

自分が入社する転職先企業の状況をしっかりと把握し、どれくらいの期間でどんなパフォーマンスを求められるのか?評価される基準は何なのか?

より具体的に入社後の活躍イメージを描き、できる限り転職先企業の経営陣とコンセンサスをとっておくことが重要ではないでしょうか。

エグゼクティブ層の転職のミスマッチ理由に多いのが「話が違う」というものです。候補者側の認識違いのケースも多いのですが、大きな要因は「期待成果」「期間」についての認識違いによって起こっています。

「期待される成果は何か?」「それをどのくらいの期間で実現して欲しいのか?」これらを可能な限り測定可能な指標で合意形成をはかることが必要かもしれません。

そして、決断された転職先企業が確実に自分にとって「活躍できる場」となるよう何度もイメージを重ね、入社後のシュミレーションをしておく慎重さも必要ではないでしょうか。

コメントを残す