「資産運用」は現代版リベラルアーツ

「資産形成・運用」は、人生100年時代において益々重要となる習慣といえます。

一部の方に必要なスキルではなく、習慣にすべき「生き方」の一つといえます。

現代版リベラルアーツといってよいのではないでしょうか。

「持ち家は負債」といった概念がありますが、人生100年時代ではローン完済後の利用価値が高くなり、持ち家は寿命が長い時代において非常に価値ある投資ともいえます。

努力してビジネススキルを磨き、社会で成功し、高い収入を得ている方であっても、資産運用のスキルがなくギリギリの生活という方も多くいらっしゃいます。

こういった方は生活事情により、ビジネスの勝負所でリスクが取れず、成長が停滞するケースも多くあります。

20代から40代は、余剰資金を「形成」に積み立て、50代以降では積み立てられた資産を「運用」していくフェーズへシフトしていく。

自分が望む人生を支える資金面をしっかりとマネジメントできるかどうか。

資産形成・運用は、生き方のセンスともいえます。

資産形成期の自分らしい戦略は何ですか?

自分に合う堅実な運用手法は何ですか?

人生に必要な金額を明確にし、マイルストーンを決めていますか?

ゴールから逆算して、必要な積立額を明確にしていますか?

今一度、自分の資産戦略について考えてみるべきではないでしょうか。

コメントを残す