転職で大切な事ー客観的事実を第一にコミュニケーションするーヘッドハンターのキャリア成長戦略

客観的事実を伝える

客観的事実を伝える

客観的事実を伝える

しつこいようですが、転職活動において本当に必要な事です。
転職活動におけるコミュニケーションは、ビジネスミーティング(商談)です。

主観的コミュニケーション(~だと思います、~と考えております、~の努力をしてきました、~を大切に思っております)は、人物像や価値観重視の新卒採用では重要な側面がありますが、即戦力のプロフェッショナル採用市場においては、主観的コミュニケーションは単なる時間の無駄です。

厳しい物言いで失礼かと存じますが、全ての会話に数字を含める事から、はじめてみてはいかがでしょうか?

今一度、ご自身のレジュメや面接を見直し、しつこいくらいに数字で説明できる準備を行なう事が、転職活動で成果を挙げる基本です。

自身の仕事に対して、強くコミットメントしている方ほど、数字で伝える能力に優れています。常に深く考えているからこそ、数字の意味をしっかりと認識しながら、相手に強い説得力を持って伝える事ができます。

客観的事実を伝える

この基本を忘れずに、毎日のビジネスの現場や転職活動でハイパフォーマーを目指していきたいと思います。

今日も素敵な成長機会でありますように。
ありがとうございました。

コメントを残す