年収600万円の壁

米国の調査では、年収600万円がキャリア上の報酬面での幸福度を左右する指標となるという結果が出ています。

それ以上の年収では、報酬と幸福度の相関関係が薄れていくという事です。

では、年収600という数値は、貴方が所属する業界や企業、職種にとって、どのような役職なのでしょうか?

インターネット業界では、20代でもこの年収ラインを得る事は充分に可能であり、このラインが意味するものは職種上のプレーヤーとしての合格ラインといえます。

20代で、年収600万円の壁を超えるためには、

目の前の仕事で成果を出す事

これ以外の道はありません。

その後に続く年収800万円、1000万円のステージのためには、しっかりと自分の職種上の基本と専門性を身に付ける事が大切です。

家造りでいう「基礎」を決める重要な期間となりますので、自分のキャリアで勝負していきたい分野を決めて時間と労力を注ぎ込む事が大切です。

上記を迷っての転職は、無駄という訳ではありませんが、タイムロスになるため、自分が好きで得意な分野に早く出会う事が大切な要素といえます。

年収600万円の壁を超えるために必要な要素と、現状とのギャップを埋めるアクションプランを立て、短期で実現できるキャリアプランを持つ事が重要です。
その選択肢の一つとして「転職」も視野に入れても良いかと思われます。

インターネット業界での年収600万円とは、

プレーヤーレベルの基本と専門性のマスター

という事です。

今日も素敵な一日である事を願っております。
ありがとうございました。

コメントを残す