好かれる人でいるキャリア上のメリット

採用選考において

人物は良いが経験・スキル不足のために不合格

というケースはありますが、

経験スキルは良いが、人物が良かったために不合格というケースはありません。

当たり前の事ですが、非常に重要な事です。

・人物像というのは、最低必要条件である
・最低必要条件というものは、最低ラインをクリアすればいい要素のため、自分からアピールしてはいけない
・例えば「私の強みはコミュニケーション力です!」などのアピールは、面接官が最も興ざめする内容です、、、
・アピールは「この採用における十分条件は何なのか?」を見抜いて行うことが大切です

採用選考における、必要最低条件と十分条件の要素を自分自身で分析してみると、採用プロセスにおいて今は何を選考されているのかを冷静に判断できるようになります。

パソコンでいうOSとアプリケーションのようなものです。
OSは、1~2分コミュニケーションするだけで、おおよそ相手に伝わります。

要するに、「持っているアプリケーションを伝える」事が採用選考上、重要なポイントです。

採用とは、

・自分は応募企業に適したOSを有している

・そして応募企業にとってインストールしたいアプリケーションを有している
・上記の2点を限られた時間内に、相手に理解してもらう

という事です。

選考で苦労されている方は、採用プロセスの構造分析をして見ることで、冷静な自己プロモーションを考えることができるかと思われます。

今日も素敵な一日である事を願っております。


コメントを残す