成長機会と方向性を決める

【成長機会と方向性を決める】
転職の決断に悩まれている優秀な方とのお打合せを行ないました。
初めての転職となると、急に不安になったりします。これがマネージャークラスの候補者であれば、決断力のなさという評価になりますが、やはり転職未経験者の方々にとっては大きな決断と選択を迫られる事は確かです。

人は重要な選択を迫られる際には、感情面での判断に偏りがちになります。これが結婚などであれば、思いだけで良いかも知れませんが(あっ、そうでもないですね、、、)、転職の場合はビジネス上の決断であるため、普段の仕事と同じように、事実情報を集めて、メリット・デメリットを並べて、「限られた」情報の中で決断をする事が求められます。
一旦は、ロジックだけで考えてみる事を奨励します。

また、中長期で自分のライフプランを考えてみる事も重要です。ビジネス人生はおおよそ40年ですが、ネット業界の場合の修業期間は35歳までとすると、大卒者で修業期間は13年。2年タームで計画的にスキルや経験・資格などを身に着ける場合、15%を投資する事になります。そしてこの投資は一生取り戻せないものです。
2年間×7回の集中的なスキルアップ機会を何に投資すべきか?どこの企業でどんな実績を挙げるために投資すべきか?
人生で初めての転職という選択経験に直面される方は、人に流されず、自分自身の投資計画を持つ事が大切です。
まだ、現職で自分が納得のいく成長を遂げられていない方であれば、何年で何を成し遂げるのか?現職に残る具体的な目標を持っていただきたいと思います。
ネット業界に至っては、在籍年数の長さは市場価値を高める事にはなりません、環境変化とテクノロジーの変化の早い業界ですので、【如何に短い期間で、パフォーマンスと実績を生み出すか、何を成し遂げたか】という点が評価基準となります。

成長機会と方向性を決める、そして自分に残された時間を認識した上で、自分なりの人生の決断を下して行く事が大切です。
人生は選択と決断の連続です。

コメントを残す