一人で考える環境を持つーハイパフォーマーの仕事習慣ー

一人で考える環境を持つ

特に人生の節目である転職については、たった一人で考える時間が必ず必要です。

できれば長期の視点で、自分のライフプランを見直してみる事をおすすめします。

過去、現在、未来の時系列に、理想の人生をイメージして、取れる選択肢を考え、アクションに落とし込む。
マクロの視点から、ミクロの視点という視点移動を何度も繰り返す事で、イメージを強く作って行きます。

また、転職市場動向については、数社の転職コンサルタントと面談しながら、選択肢のイメージを作って行く事が大切です。

転職活動は、不動産の物件を探すプロセスに似ていますが、最初は理想を並べ、その中で現実的に取れる手段と、理想の優先順位の兼ね合いで、決断して行くという流れになるかと思います。

また、自身が取れるリスクの許容範囲についてもしっかりと「最悪のケースの想定」をイメージしておく事が大切です。

あるエグゼクティブの言葉

「一人で考える時間は、確実に人を成長させます」

成長戦略の一つとして、一人で考える環境を計画的に持つ事をおすすめします。

コメントを残す