魔法の質問【面接ノウハウ】

採用選考とは非常に不確定要素の多いものです。

採用企業側も自社の採用ニーズをそのまま求人票に表現する間になんらかのバイアスがかかり、伝言ゲームとなり、結果、求人と採用企業の本当のニーズにズレが生じる事が多々あります。
また、1次面接、2次面接、役員面接等、組織内の利害関係や社内政治、立場の違う面接官との面接プロセスを経て行く中で、対応していく難しさがあります。

これは決して応募者側には分かり得ない事情であり、且つ採用側も予測できない不確定要素です。採用は正にヒューマンドラマそのものです。

そんな各ステップの認識違いを打破するための魔法の質問が、

「今回の採用ポジションで実際に入社した場合、最も必要とされる事は何でしょうか?」

というものです。

各ステップの採用面接官それぞれに質問をしていくと、しっかりと意思統一された企業であれば一貫性のある答えがかえってきますが、コミュニケーションに問題がある組織や採用自体の優先順位が低く、惰性(退職者の補充など)で採用を行なっている場合には、各面接官で答えがバラバラだったりします。

魔法の質問を行なう事で、企業側からの答えに対して、更に自分の経験で役割を果たせる旨をアピールする事。
一貫性のある答えが返ってくるかどうかで、企業側の姿勢や組織力を見る事などが可能です。

「今回の採用ポジションで実際に入社した場合、最も必要とされる事は何でしょうか?」

採用選考プロセス必ず役に立つ質問です。

コメントを残す