「幸せなキャリア人生」を真剣に考えてみる

「幸せなキャリア人生とは何か?」

 

仕事である以上、「やらねばいけないこと」をやる必要はあります。

 

それでも、幸せな人生を送られている方々に共通している顕著なことがあります。

 

それは、「大好きなことをしている」というもの。

 

他人から見ると辛そうなハードワークをしていたりしても、本人にとっては「好きなことに没頭している楽しい時間」だけの状態であったりします。

 

同じ「努力」でも天地の差です。

 

自分にとって幸せなキャリア、幸せな人生を成し得るためには、「好きなことと出会う」ことなしには困難ではないでしょうか。

 

世間一般に給与の高い会社(または、そうでもない会社)に入り、好きでもない仕事にしがみつく、、、。

 

無計画に生きる人生。

 

そこに自分の意志はあるのでしょうか。

 

誠実で責任感の強い真面目な人であればあるほど、世間の空気に縛られ、自由に考えることを見失っていたりします。

 

人生の戦略的自由度を放棄している状態です。

 

「好きなこと」を無視して行動し続けた代償は計り知れないものです。

 

キャリアデザインにおいて、「好きなこと」に関するアンテナ感度を上げることは必須といえます。

 

「好きなこと」のカテゴリーの中で、自分が得意とする仕事や人生の成長戦略を立てていくことが重要ではないでしょうか。

 

技術革新による「働き方の変化」が進む中でも、「好きなこと」「好きな仕事」をし、ライフワークとして創造性を発揮できる存在である限り、幸せなキャリアを維持することは可能ではないでしょうか。

 

「世間一般ではなく、私にとっての幸せなキャリア人生とは何か?」

 

あらためて自分に問い直してみてはいかがでしょうか。

 

まずは、身の回りで「大好きなことをしている人」との接点を持つことから行動してみてはいかがでしょうか。

 

日々精進

コメントを残す