閾値を超える姿勢<自分の仕事に指標を持つ>

【閾値を超える】
どの仕事でも成果を挙げる上で最低限必要な行動量というものが存在します。

野球でいう3割打者のようなもの。
このアベレージを超えると一流とみなされる指標となるレベル。

閾値を超えるという明確な自己目標を持って日々仕事と対峙されている方々は高い実績を挙げられている傾向が高く、行動も具体的で成長が人一倍早いように思われます。

自身の職務領域で一流とみなされる具体的なイメージを持って、日々ギャップを埋める努力を継続する事。
それができる人が人の上に立てるリーダーの大切な要素の一つです。

コメントを残す