面接対策【過去の実績だけではなく未来展望も伝える】

未来展望を伝える事。

これは選考企業への入社後の活躍イメージを持っているか?

入社後、不足している経験とスキルをフォローして行く計画があるか?

それらが具体的か?
(頑張りますというような抽象的ではなく、時系列・優先順位が明確で計画的か?)

といった点を明確に相手に伝える事です。
「自分が喋りたい事」ではなく、あくまで「相手がビジネスとして押さえておきたい情報提供」を行なうという意識が必要です。

過去の実績や経験は素晴らしいのに、なかなか面接が通りにくい方々は【未来展望を伝える】という点で、相手に入社後のイメージを伝えきれていない可能性があります。

未来展望を伝える。

採用とは人材によって未来を創造して行くクリエイティブな行為です。
また、採用担当者も生身の人間です。

応募企業に合わせた未来展望を徹底的に考え、伝える事で、面接でのインパクトが向上します。

コメントを残す