レジュメの書き方から選考が始まっている

「レジュメの書き方から選考が始まっている」

これは、レジュメの中身ではなく、形式・デザイン(見やすさ)自体の事です。

企業内部のドキュメンテーションの文化により、選考側は自社との相性を判断するケースもございます。

スピード感のある企業に対して、ダラダラと長い冒頭の自己PRなどがミスマッチの一例となります。

候補者様が意識するよりも、高い意識でドキュメンテーション能力が選考の項目として意識付けされているのが現状です。

採用選考に応募される候補者様に至りましては、先ずは応募企業の文化や業態、意思決定プロセスなどに対して、あらかじめプロファイリングを行ない、「こんな人物が求められているだろう」という仮説を立てた上で、自身のレジュメをそのような人物のように「見せる」という意識が必要です。

採用選考というのは、長く多くの自己PRを伝える場ではございません。
いかに短く、相手の時間を最小限に採用に値する人材であるかをご判断いただく場という意識が必要です。

「要するに私は貴社の社員として適した人材です」というエッセンスを簡潔に盛り込んだレジュメ作成を心がける事で、多忙な採用企業側に対しても強いプロ意識を伝える事ができると思います。

コメントを残す