真のスキルはどこに?

成果も報酬も一流のビジネスパーソンにインタビューして共通している要素は、

目の前の仕事で修練を積んできた、という事につきます。

目の前の仕事の成果をおざなりにして、MBAを取得しても真のプロフェッショナルの世界では通用しません。

あくまでも、

目の前の仕事でしっかりと貢献し、成果を出す事。

この継続でその人なりの一流の腕が磨かれていくのです。

また、現在の知識と経験では限界を感じた時に、体系的な学びを得るために圧倒的な労力を学ぶ事に費やしています。

一流のビジネスパーソンを支えているのが、一流の努力です。

今日も一日、全身全霊で仕事に取り組みましょう。

コメントを残す