常にキャリア市場を確認しておくべきだった、、、

【常にキャリア市場を確認しておくべきだった、、、】

職場内や知人にキャリアを計画的に考え意見交換を行なう習慣がないようであれば、上記の問題が突然浮上する可能性が非常に高いです。

 

転職活動を開始した段階で突然浮上する、経験と年齢の壁。

自身の年齢と保有しているべきスキルや経験のレベル、これが突然評価市場に出され暴落してしまうことが起こります。

 

では、どうすればいいのでしょうか。

・転職希望の有無に関わらず、業界内外での年齢とスキルのレベル感を掴んでおく

・自己成長テーマを決めて具体的な投資(時間・労力・お金)を継続する

・業界や職種上、未来において必要とされるスキルに仮説を立て、自己研鑽を行なう

・キャリアパスとして有利となるルートを見極める

・上記の点で業界の先輩やキャリアコンサルタントと適宜情報交換を行なう

 

過去の実務上のデータからのキャリアコンサルタントの感覚値ですが、20%程度の候補者様は市場価値を高める転職に成功しています。

残り80%の候補者様は、現状改善や問題からの逃避としての転職活動をされている現状です。

 

この違いは何なのでしょか。

 

それは、準備の有無といえます。

 

転職時期になって慌てるのではなく、日々考え抜いてきたキャリアパスを淡々と実行できるか。

そのタイミングを見極めることができるか。

自己の能力を適切に評価し、自分らしい決断ができるか。

自己の強み・弱みを常に把握し、戦略的な自己投資を継続し続けているか。

 

3年、5年先を見据えた人生の準備ができる人は日々の習慣が戦略的です。

日々精進

 

コメントを残す