70%の労力でオペレーションを回し続ける

【70%の労力でオペレーションを回し続ける】

あるエグゼクティブに目標を継続達成できる秘訣をお聞きした際の回答です。

 

70%の労力

 

一度限りの仕事であれば、会心の一撃でも通用します。

すなわち、一度限りの成果であって、プロセスは偶然や奇跡でも何でも良いのであって、再現性を必要としません。

 

これらは、アマチュアの世界で良く見られる光景です。

例えば、スポーツなどの世界でも同様です。

 

ただ、我々ビジネスのプロ市場で成果を求められる立場にとって、一度きりの成果ほど危険なものはありません。

 

成果を継続して出し続けること

 

非常にシンプルですが、最も困難なことでもあります。

 

これらの継続成果を実現するために具体的に実行されているのが、

 

70%の労力でオペレーションを回し続ける

 

というものです。

 

プロは一定品質のアプトプットを継続して出し続けなければなりません。

そして、確率と品質を向上し続けなければなりません。

甲子園の高校球児やオリンピックの奇跡の勝利は目指すべきではありません。

 

普通に高い品質のアウトプットを出し続けること

 

最低レベルの仕事自体のレベルを上げる続けること

 

そのための日々の仕事のオペレーションは70%程度がベストということです。

業界や職業によって割合は異なるものの、120%の力ではなく70%の力で出すアウトプットのレベルを上げていくこと。

残り30%の余力はリスクヘッジとして。

次の仕事への改善案や新しい何かを実行するための余力としてとっておくこと。

 

プロは、最低限のレベルでもしっかりとしたアウトプットを出し続けることが求められます。

 

今日からは、「全力で頑張ります!」という意識を排除し、労力の70%でクライアントが求める期待値を超えるべく、オペレーションを磨く意識を持たれてはいかがでしょうか。

 

伸びる企業、伸びる人材は、地味に成果を継続できる「仕組み」を持たれています。

 

最低限のレベル自体をどうやって向上するべきか?

 

70%の労力でオペレーションを回し続ける

 

日々精進

コメントを残す