キャリアのピークアウトを意識していますか?

【自分のキャリアのピークアウトを意識していますか?】

 

仕事上の成長や収入など、永遠に右肩上がりであれば何の苦労もありません。

 

ところが、現実社会ではいつか必ず「旬」を過ぎ去る日が来ます。

 

そういったキャリアの旬を想定し、しっかりと準備しているか?

 

自分らしいキャリアを快適に過ごすためには、極めて現実的な計画が求められます。

 

では、どういったことがポイントになるのでしょうか。

 

一つが、「キャリアのピークアウトを想定する」ということです。

 

業界や職種、自分の能力に応じて、どの年代がピークになるのか?

若い世代が活躍できる業界や職種、経験年数や知識の蓄積が重宝される業界や職種など、ピークアウトは個々それぞれに特徴があります。

 

キャリアプランを立てる際には、必ず自分が属する業界・職種のピークアウトを把握し、様々なリスクヘッジを行なうこと。自分独自の戦略的なキャリア習慣を持つ必要があります。

 

上司や先輩、定年退職された方が実在するのかどうか?

まずは事実情報を得ること。

そして、業界・職種の将来予測をしておくこと。

 

年齢を経るごとにキャリアの修正は困難になっていきます。

これまでの仕事経験の蓄積内でした選択肢が残されなくなっていきます。

若い世代では幅広い選択肢の中で可能性を追求し、優位性のある道を見出していく。そして、自己研鑽を通じて、その道に相応しい職業人として成長していく。

30代半ば以降では、これまで歩んできた道の延長で微調整をしながら進むことが求められます。後戻りをすることは相当な人生のリスクになる可能性があり、グッと堪えて歩み続ける担力も求められます。捨てること、諦めることもそれなりに増えていきますが、リスク排除を最優先に守りを固めた上で挑戦する労力の配分が求められます。

 

「あなたはキャリアのピークアウトを意識していますか?」

「職業人としての下り坂を、どうやってリスクヘッジされますか?」

 

キャリアの計画は極めて現実を直視しなければなりません。

夢や目標達成とは別の「現実的なプラン」を用意することで、危機感を持つことが大切です。

多くの候補者様が後年「あの時もっと危機感を持ってプランを立てていれば、違った道を選んでいたのに、、、」といった点で後悔されています。

 

「あなたは自分のキャリアのピークアウトを意識されていますか?」

日々精進

コメントを残す