ノウハウだけの人材はピークアウトが早い、、、

【ノウハウだけの人材はピークアウトが早い、、、】

ある候補者様の言葉(経営層)です。

ノウハウ。

ビジネスですから、仕事の効率化のためのノウハウは大変重要です。

ただ、そのノウハウの裏にどれだけの経験量を持っているか。

経験の裏付けのないノウハウを用いるだけでは、遅かれ早かれビジネスパーソンとしての能力や価値の限界に達します。

 

どういうことか。

 

ノウハウを用いて偶然成功した人。

多くの試行錯誤を繰り返し「仕事の構造」を感覚的に理解してきた人。

 

前者と後者では、環境が変わった場合の適応力やパフォーマンスが違ってきます。

 

何をどれだけやると、どういうリターンになるのか?

何をやるべきで、何をやらないべきか?

 

ゴールから逆算してイメージを描ける力が違ってきます。

無駄な仕事への見切りも早く、圧倒的な効率で高いパフォーマンスが継続できます。

「自分の経験」と「ノウハウ」が連動し、「自力の蓄積」となります。

 

では、どうすべきか。

 

圧倒的な仕事量が必要です。

 

「構造」「因果関係」を理解できるまで、徹底的に試行錯誤を繰り返す仕事量が必要です。

安易なビジネススキルやノウハウを活用しつつも、現場で試行錯誤を繰り返しながら「成果と行動の因果関係、構造、本質」といった「何をどれだけやると、どういうリターンになるのか」という感覚を身に着けていくことが必須です。

自分の仕事を振り返り、記録を残しながら、本質を掴んでいくしかありません。

 

仕事量を経ていないビジネスパーソンは、環境変化に弱く、キャッチアップする力が劣ります。

そんな、ノウハウだけの人材にならぬよう、仕事の構造理解を経て自分を鍛えていく必要がありそうです。

日々精進

コメントを残す