起業に失敗する方は「〇〇の恐怖に勝てない人」

【起業に失敗する方は「〇〇の恐怖に勝てない人】

キャリアコンサルタントとして、日々お会いする方々の中には、会社を退職して起業を目指す方も少なからずいらっしゃいます。

社内で事業立上経験を積み、勘所を掴んだ後に温めてきたアイディアの実現を夢見て起業!といったケースも多々あります。

また、転職相談として「起業はしたけれど、なかなかうまくいかなくて、、、」という事情の方もいらっしゃいます。

 

その事情を聞いてみると、「安定収益化までの過程で挑戦をやめた」という理由が主のようです。

もちろん、市場の悪さやビジネスモデル、競争優位性のなさ、等、そもそも継続していても窮地に陥った可能性はあるのかもしれません。

 

ただ、安定収益化までの過程で全ての起業家が通らなければいけないのが、「お金に困ること」ではないでしょうか。

多くの方がお金の恐怖に勝てずに、挑戦を諦めています。

 

困り方は様々です。

そもそも事業運営資金がない、減っていく恐怖。

融資や投資を受けたが、外部プレッシャーに振り回されてしまった。

お金のセンスがなく、高コスト構造になってしまった。

 

起業家として挑戦する分野は目新しいビジネスモデルであることも多く、そもそも売上が立つかどうか不明確。

不確定要素の高い挑戦が起業です。

 

お金の恐怖に勝てない起業家

 

こういった方が廃業し、再就職を希望されたりします。

そして、月給が入ることの価値を再認識され、「再度、事業会社で働きたいです!」といった相談に訪れるケースが多く見受けられます。

 

挑戦された方々が口にするのは、下記のようなポイントです。

「会社員時代に副業でお金を投じて挑戦しておくべきだった」

「お金が減っていく状態を経験しておくべきだった」

「1円でも自分の力で請求書を発行する経験をするべきだった」

 

会社員として貰う給料と事業家として投じるお金は全く違います。

道具(投資資金)としての扱いに慣れていない限りは、リスクをとって増やすという事業経営に恐怖を覚えてしまいます。

 

お金を払って売り上げを作る(買う)マインド。

こういった経験を会社員時代に少しずつ経験しながら、「お金の恐怖心」に慣れていくことが必要かも知れません。

将来、起業を目指すビジネスパーソンであれば、「お金」という経営資源に対するトレーニングを副業で積んでおくことは「起業家」への最高の適性検査となるのではないでしょうか。

日々精進

 

コメントを残す