将来時点でのキャリアの優位性を考え続ける

【将来時点でのキャリアの優位性を考え続ける】

どういうことでしょうか?

キャリアがビジネス上の付加価値と報酬の交換である以上、どうしても比較対象がある競争市場にならざるを得ません。

自分自身を労働市場で流通価値のある商品と考え、時代に取り残されないように価値を向上維持し続ける必要があります。

これは考え方の是非の問題ではなく、現実社会を生き抜くための本質的な構造理解です。

「5年後、10年後、職場の隣の方よりも優位になれている自分って?」

「5年後、10年後も求められる職種、有効なスキルは何か?」

漠然と働いているだけでは、市場価値が失われていくのがキャリアの現実です。

成長のための戦略を持たなければ、他のだれかがあなたの代わりにチャンスをものにしていきます。

単に雇われるためだけに働くのであれば、年齢と共に報酬も期待も失われていくのが現実社会です。

テクノロジーとビジネスの益々の繋がりにより、年齢を経ることはこれまで以上に価値喪失の条件となります。

多くの企業では、テクノロジーに精通した20代、30代を中心とした組織再編や環境変化に強い組織体制構築へと動いています。

将来時点でのキャリアの優位性を考え続けること

全てのビジネスパーソンが人生に自分なりの戦略を持つべきではないでしょうか

日々精進

コメントを残す