年収が下がる転職をどう考えるか?

【年収が下がる転職をどう考えるか?】

企業や業務内容の魅力が高く、厳しい転職活動を通じてやっと手に入れた内定。

 

ところが、意に反して現職給与よりも提示年収が低いケースがあります。

 

「仕事内容はとてもいいが、条件がひっかかる、、、」

 

ここで大切なことは、その背景を適切に把握することです。決して感情だけで判断してはいけません。

 

「業界を変える転職であり、提示年収は平均的なものか?」

「ベンチャー企業など成長過程の企業であることが理由か?」

「構造的に低収益であるため、将来的な条件改善が見込めないのか?」

「未経験職種だが、経験を経ることで十分に条件をカバーできるのか?」

 

個々の事情によって様々なケースが想定されます。

 

また、そもそもの「転職理由」に立ち返ることも大切です。

 

「職務の幅を広げたい」

「労働環境を改善したい」

「業界を変えたい」

「小規模だけれども、今後伸びる可能性のあるベンチャー企業へチャレンジしたい」

 

何のために転職活動を始めたのでしょうか?

何を得るための活動なのでしょうか?

 

全てを満たす転職先は現実的にはなかなか存在しません。

 

「単純に年収が下がるのであれば、この話は辞退しよう!」と決断するのではなく、下記の側面から冷静に向き合ってみることも大切です。

 

・中長期のキャリアパス上のメリットを考えてみる

・自身の努力によって条件改善が可能かどうかを考えてみる

・「仕事の魅力」の観点から考えてみる

 

一時的なアルバイトであれば、収入面だけで決断されても良いかもしれません。

ただ、職業人生は長く、人としての成長も仕事を通じて成されることが多く、やはり「好きな仕事に携わる」という大切な機会を安易に捨てないよう、じっくりと自分と向き合ってみることが求められます。

 

コメントを残す