面接中に希望年収を聞かれたらどうしますか?

「希望年収はありますか?」

 

面接中に不意に聞かれることがあります。

 

あなたなら、どうされますか?

 

ここは、その質問を発している相手の意図をしっかりと見抜く必要があります。

こういった対応センスもビジネスパーソンとしての実力ですので、事前にシュミレーションしておく必要があります。

 

相手の意図として想像できるケースは以下となります。

 

・形式上の確認として、年収レンジを把握しておきたい

・非常に優秀な候補者のため、どの程度の年収提示であればメリットになるのかを知りたい

・大変残念ながら次のステップへの進行は難しい、ただ、面接時間も余ってしまっているので、とりあえず希望条件を聞いておこう

・適切な不合格理由を作るために希望年収を聞いておこう(不合格理由は希望年収の提示が難しいため、又はオーバースペック)

・目の前の候補者の自己評価を知りたい(「自身をどう評価しているのか?その評価は適切なのか?自己を過大評価していないか?」)

 

要するに「形式的な質問なのか?具体的な意図があるのか?」「必要条件を聞いているのか?十分条件を聞いているのか?」を見極めることが大切だということです。

 

最も適切な対応方法の結論としては、

 

「希望条件を聞かれても、そのまま希望条件を答えてはいけない」というものです。

 

面接内で希望条件を聞かれる場合(まだ、内定確定でないステップの場合)、多くの場合、面接者は事実情報の確認の質問として活用しているためです。

 

よって、

 

「私の現年収は賞与・残業込みで(昨年度の源泉徴収額で)●●●万円です。希望年収というこだわりは特にはございませんが、内定をいただいた際の条件を前向きに検討したいと思っています」

といった無難なケースが最もスマートで、地頭の良さを印象付けることができます(厳密には質問には全く答えていないのですが、コミュニケーションとしては最も適切です)。

 

回答に時間がかかることで、コミュニケーション力や地頭(思考スピード)の遅さが伝わってしまったり、「?」な回答をしてしまうことで「それは何でですか?」と突っ込まれたりしてしまうケース(その希望年収に根拠はあるのだろうか?)など、お金に関する質問は非常にセンシティブであり、人によっては思考停止に陥ってしまうことが不思議と多いようです。

 

上記の点を応用してみると、条件交渉が可能な前提条件はたった一つ、

 

相手が自分を非常に高く評価しており、条件を情報してでも確約を取りたい場合、のみということです。

 

ということは、交渉テーブルとは相手側から先に評価(内定)が出されたタイミング以外にはあり得ないということが分かります。

 

残念ながら、転職市場においては希望条件のパフォーマンスを満たす候補者は非常に少なく(これはエグゼクティブ市場も含め)、「経験やスキル」そのものよりも「希少価値やタイミング(採用困難な状況のために年収条件を緩和してみる)」で良い条件がでるケースがほとんどです。

 

「面接中に聞かれる希望条件=どうでもよいこと」と割り切り、まずはオファーを得ることに集中すべきです。

条件交渉は相手の期待値を上げた後に行うこと。この心構えで転職活動を有益なものにしていただけますと幸いです。

日々精進

コメントを残す