プライベートの財務成果にフォーカスすることも必要

 

【財務成果にフォーカスすることも必要?】

 

ビジネスでは、役職が上がると見渡す景色も変わります。

できることなら、現在の自分のポジションの2つ上のレイヤーの景色から日々の仕事を眺めていくと良いかも知れません(優秀な方は、自然と「自分が社長だったら」というシュミレーションをされているようです)

 

今回のテーマは、仕事というよりもプライベートでの財務成果を主としています。

 

プライベードでも30代、40代になると責任範囲が広がります。

家庭を持つなどの変化により、仕事に100%投資してきた期間を卒業し人生のバランス配分を求められることも多くなります。

時間やお金、労力といった自分が持つ資源配分を振り向ける他者(家族)が増える、ということです。

 

ライフスタイルやそれを支える資産形成など、プライベートの財務成果にもしっかりとフォーカスしていかなければなりません。

 

損益(給与)は良いものの財務的(貯蓄や資産内容)には悪化していく家計をなんとかしたい。

計画的に資産を増やし、パラレルキャリアなどで複数収入の柱を作っていきたい。

 

個々のライフプランに応じた様々な手法があるかと思います。

 

転職やスキルアップで給与を上げることを目指すのも良いのですが、特に40代以降では転職活動による給与アップは、ヘッドハンターによる指名スカウトでもない限りは難しくなります。

(市場価値が収斂されていくため、30代半ば以降の転職市場では価値が暴騰する機会は非常に少なくなります)

 

大切なことは、盲目的に仕事にフォーカスするのではなく、プライベートの財務成果を意識すること。

 

どう生きていくか、という現実的なシュミレーションを繰り返して行くこと。

 

40代になっても「夢を描けば必ず叶う」といった自己啓発中心のマインドでは、厳しい実力主義の世界に呑まれて行きます。

 

守るべき人がいるのであれば、真摯に自分が生きていく領域を考え抜かなくてはなりません。

 

転職市場の現場では、多くの人が自分の市場価値がダウントレンドであることを意識されていません。

事業経営と同様、ピークアウトのステージでは生活コストを下げ、安定収益をしっかりと守り、外部環境に耐え凌ぐ時期です。

 

キャリアや人生は奇麗な右肩上がりにいかないことも多く、また自分が何らかのアクシデントで仕事に就けなくなったケースも想定していかなければなりません。

 

自分個人、または家族の財務状況の現状把握をし、収入機会を作る、コストを下げる、保険を掛ける、教育投資を行なう等、様々な手を考えていくことも大切ではないでしょうか。

日々精進

コメントを残す