面接官の視点でレジュメを眺めてみる

 

あなたは面接準備で何をしていますか?

 

具体的に面接者が関心を持ちそうな部分(実績や工夫した点など)について、簡潔に説明するための準備をされている方が多いかと存じます。

 

 

ぶつけ本番で準備をされない方も多いようですが、実は優秀な方ほど準備に労力を注がれています。

 

今回は面接準備にあたってのおすすめの方法をご紹介致します。

 

まずは、自身が面接者が所属する企業の人事担当者や現場責任者、社長(最終面接時)になりきること。

 

慌ただしい業務の最中に、来客(面接者であるあなた)が来社される。

1、2分でレジュメを眺め、「採用判断のために何を聞くべきか?」「どんな順番で聞くべきか?」「懸念点はどこで、どのように質問すべきか?」を考えます。

(あなたを面接する企業側の方が、30分もあなたのレジュメを見ることはありません。長くても5分程度、面接直前に慌ただしく確認して面接に臨まれているケースがほとんどです)

 

あなたが面接官の立場であったなら、部屋に入った瞬間、どのような雰囲気の応募者がいてくれると安心するでしょうか。

落ち着いてリラックスした雰囲気、はたまた明るく気さくな雰囲気、穏やかで親しみのある雰囲気など、目の前に自分が座っているイメージを思い浮かべて見て下さい。

 

面接官であるあなたは、応募者へ質問をしますが、心の中では必ず期待する答えを持っています。

また、1時間程度の面接で聞きたい内容のボリュームを意識し、応募者側の回答の簡潔さや性格を鑑みながら、どう進行すべきかを考えながら面接を進めています。

 

あなたが、面接官であったなら、以下のシチュエーションでどう対処するでしょうか。

職務経歴書をじっと見ながらよく考えてみて下さい。

 

・どのように面接の冒頭を進め、進行させたいですか?

・どのような質問で応募者の経験と実績を確認しますか?

・具体的にどのような質問で経験と実績を掘り下げていきますか?

・何を懸念に感じ、どのような質問で懸念点を確認しますか?

・応募者が優秀であると判断した場合には、面接後半をどのように進めますか?

・応募者が適切でないと判断した場合には、どのように面接を打ち切りますか?

 

具体的に上記の点について、じっくりと自分を面接するイメージをしてみて下さい。

 

面接準備とは、自分側のアピールを確認するだけではありません。

相手の面接者の視点から応募者である自分をイメージし、合否判断の不足材料がないように情報を伝える努力をしなければなりません。

 

応募者として面接スキルを向上したいのであれば、面接者側としてのイメージを何度も何度も繰り返す必要があります。

 

応募者がダラダラと中身のない話をされた時にどう感じるのか?

どんなスピード感でのコミュニケーションが適しているのか?

 

シャドウボクシングのように自分の履歴書・職務経歴書を手元に眺めながら、何度も何度もイメージする必要があります。

大切な面接のため、準備を怠らない姿勢が結果に繋がります。

 

日々精進

コメントを残す